« seasonⅡ始めました | トップページ | 結婚式に絶対に忘れてはいけないモノ »

なぜインテリ男はゲイになるのか?

うーん、我ながら過激なタイトル(笑)。

何でこのタイトルにしたかというと
今日はこれについて書きたかったから。

モンティ・パイソンの故チャップマン役、選考会に奇抜な参加者が集結 from YahooNews

なぜか「グラハム・チャップマン」になってますが
「グレアム・チャップマン(Graham Chapman)」です。
そのままローマ字読みしないでほしい。。。

どういう契機で見始めたのかは全く覚えてないのですが
本山(in名古屋)に
「空飛ぶモンティ・パイソン(Monty Python's Flying Circus)」のビデオを
全巻揃えているレンタル・ビデオ屋があって
今まで観たことのないシュールでブラックなコメディに
大いにハマっていた頃がありました。
あのレンタルビデオ屋、今はもう無くなってしまったのですが
閉店になる時にあのモンティ・パイソンのビデオたちは
一体どうなったのでしょう?
譲って欲しかった(笑)。

この「Gin and Tonic」という映画、
是非日本でも上映してほしいです。
日本でやったら絶対観に行きます!

モンティ・パイソンの人たちは
みんなオックスフォードだとかケンブリッジを出ているインテリ揃い。
イギリスでコメディやってる人は何だかインテリが多いですね。
(Mr.ビーンの人も確かオックスフォード出てるインテリだったような。)
グレアムもケンブリッジで医学を学んだ秀才だそうで。

ところでグレアムがゲイなのは有名な話なんですが
インテリというか一芸に秀でた人にゲイが多いのは何でなのでしょうね?

こないだも買ったばかりのQueenのDVDを観て
(注:別にキムタクのプライドブームに乗ったわけではありません。
   第一あのドラマ観てなかったし、Queenは元から好きだったんです~)
フレディの迫力あるボーカルを聴きながら
「そういえばフレディはバイ(bisexual)だったんだよね。
 フレディ~~何で死んじゃったのぉ~!」
と叫んでみたりしてたんですが。

あとファッション業界にもゲイが多いのは有名な話ですよね。

ゲイの人は実は自己愛が強いのだ、という話をどこかで読んだ覚えがあります。
自分のこと(=自分の才能か?)しか愛せないから
生物学的に自分に近いものしか愛せないのだ、と。
うーん、分かるような分からないような。。。

何やらまとまらない文になってしまいましたが、、、(汗)
ともあれ、グレアムの自伝映画楽しみにしてます。

追記:因みに、私はモンティ・パイソンのスケッチの中では
「スペイン宗教裁判」が一番好きです。
ネット用語の「スパム・メール」というのは
語源がモンティ・パイソンだというのは本当なんですかね???

|

« seasonⅡ始めました | トップページ | 結婚式に絶対に忘れてはいけないモノ »

日記・コラム」カテゴリの記事

コメント

こばわ。

モンティ・パイソン自体は知らないのですが・・。
うぇえ~。そうなの?

しかし、硬い身体を愛でて何が嬉しいんでしょう。
と、takecoさんに言ってもしょうがないのだけど。

投稿: aux | 2004/06/08 19:41

モンティ・パイソン、おもしろいですよ。
機会があったら是非。
レンタル屋によっては
モンティ・パイソンの映画しか置いてないところも
ありますが
TV版とは世界観(?)が若干違います。
観るなら是非TV版を。

>しかし、硬い身体を愛でて何が嬉しいんでしょう。

いや~彼らの愛はきっと肉欲を越えたところにあるのですよ。。。
(遠い目・・・)
グレアムもフレディも
最期を看取ったのは男性(恋人)だそうで。

投稿: takeco | 2004/06/08 21:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31264/729837

この記事へのトラックバック一覧です: なぜインテリ男はゲイになるのか?:

« seasonⅡ始めました | トップページ | 結婚式に絶対に忘れてはいけないモノ »