« 2004年5月 | トップページ | 2004年7月 »

ドラマ「シェエラザード」

反町隆史がNHK「シェエラザード」に主演 from Yahoo!ニュース

正直言って反町隆史はどーでもいいんですが、
NHKでの放映日時が決まったようで。

「シェエラザード」(ハイビジョン)
前編  7月13日 20時~21時15分放送予定
後編  7月14日 20時~21時14分 放送予定
「シェエラザード」(総合)
前編  7月31日 19時30分~20時44分放送予定
後編  7月31日 21時~22時14分放送予定

私はBSは見られないので7/31にTVの前に陣取って見ます!

しかし、前にどこかのサイトで読んだのですが
原作とはかなり違ったドラマになりそうな予感。
反町は堀少佐役で主役だっていうし。
なんで堀少佐が主役なの?
ハセキョウは堀少佐の妹役だそうだし。
・・・そんな役は原作には出てこない。
いい話なんだから原作に忠実にドラマ化して欲しいなぁ・・・
弥勒丸まで作るくらい力入れるなら、ね。

宋英明は誰が演るんだろう?
この役は是非「もう片方」と同じ俳優さんにやって欲しいな。
特殊メーク使ってでも是非。
「もう片方」とは、、、読んだ方はお分かりですね(笑)。

反町、ハセキョウの他に
小澤征悦、仲村トオル、石田ゆり子が出るらしいけど
仲村トオルが軽部で、石田ゆり子が久光律子かな?
小澤征悦はもしかしてもしかして・・・
小笠原太郎もキーパーソンだけど誰が演るんだろう?
うーん、1ヶ月先が待ち遠しいです。

covercover

----------------------------------
ところで2ヶ月連続日刊達成です!!!
来月もがんばります!
7・8月はちょっと仕事が忙しくなりそうなので不安ですが、、、がんばります!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

私のリラックス方法

リラックス方法かーここんとこ散々その話題で書いてたんだけど(笑)。
さて火曜日なのでトラックバック野郎ネタです。
リラックス野郎 この指とまれ!

たまにプチ贅沢で、フットマッサージ、フェイスマッサージに行くというのは
ここ最近のblogで書いたのでそちらをご参照。(6/256/26

あとよくやるリラックス方法は・・・
●お香を焚く
煙が暑苦しさをかもしだすので夏はやらないんですが(笑)。
グレープフルーツとかオレンジとか柑橘系のお香が好きですね。
・・・香水の好みと似てるな。当たり前ですが。

●お風呂で読書
前のトラックバック野郎ネタの時も書いたんですが(5/12)
お風呂に長々と入るのが最高のリラックス法だったりします。

●ヨガの「スキのポーズ」をする
ここんとこ散々肩こりがひどいという話を書いてるんですが
肩こりによく効くヨガのポーズがあるんです。
スキのポーズ」というものです。
首の後ろがぐーっと伸びてとても気持ちがいいです。
翌日は肩こりも多少軽減されてます。
バランスをくずすと首を痛めるので無理にやるのは禁物、と
ジムでいわれてますのでご注意。
このポーズ、不思議なことに朝はできないんですよ。
夜は楽々出来るんですが。
朝は体が固いからですかね?

あとは
●ぐっすりたっぷり眠る!
これが究極のリラックス法ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

スタバで接客について考える

私は1日2杯しかコーヒーが飲めない。
それ以上飲むと決まってお腹を壊すのだ。
私はむしろ紅茶党で、コーヒーは眠気覚ましに飲む。
あの香りが眠気に効くと思っている。
が、1日2杯しか飲めない為、
炭酸系ジュースを飲んで目を覚ます、という
ミョーなクセがついてしまった(6/11のblogご参照)。

私はスタバが好きである。
1日2杯しかコーヒーが飲めない体質でも、スタバが好きである。
私は4月から勤務地が千種(in名古屋)に移ったという話は前にも書いたが
それまでは新栄(in名古屋)が勤務地だった。
新栄には2年ほど前、駅前にスタバが出来た。
さすがに毎日は行かないのだが、
「今日は終電まで残業だぞ!」という時には
決まってお昼休みにスタバに行き、
お気に入りのキャラメル・フラペチーノだのバニラクリーム・フラペチーノだのを買い、
自分に活を入れていたものだ(?)。
・・・すいません、今日暑かったんで冷たいメニューばかり書きましたが
もちろん冬は暖か系のメニュー、キャラメル・マキアート、カフェ・モカだったりします。
う、書いてるだけで暑いです。。。

さてさて、今日は新栄の事務所で会議があった為
久しぶりに新栄に行った。
予定より30分オーバーで会議が終わり、
やはり、というか、当然というか
「スタバ寄ってこ♪」となり
立ち寄ることにした。
そういえばたびたび私のblogに登場する会社の友人Aさんが
スタバの新製品「ストロベリークリーム・フラペチーノ」を試して
「マックのストロベリーシェイクみたいな味」と言っていた。
Aさんにかかると、スタバも形無しである。。。

が、やはり新製品は試しておかねば、ということで
「ストロベリークリーム・フラペチーノ」をオーダーする。
「ウエハースをご一緒にお勧めしてますがいかがですか♪」
と明るく言われ、思わずウエハース付きでオーダーしてしまう。
さすがに長々とここでサボっているわけにいかないので
千種の事務所に持ち帰って飲むことにする。
(因みに新栄町-千種間は地下鉄1区間なので近いんです。)
ウエハースはふやけてしまうといけないので、小袋に入れてくれると言う。

商品を受け取って、はたと気づいた。
一人分なのに、手提げ袋入りだ。
今まで夏も冬も新栄のスタバで何度も買ったけど
いつもカップをそのまま渡されていたような気がする。
同僚の分も一緒に買って持ち帰り、という時は
手提げ袋に入れてくれたが
一人分の時は手提げ袋はなかったと思う。

たった1区間の地下鉄に乗りながら考えた。
「ウエハース付だから、手提げ袋に入れてくれたのかなぁ?」
妥当な線である。
「もしウエハースなしでオーダーしてたら?」

新栄の事務所にいた頃の私は
お財布一つだけ持ってスタバに行っていた。
もし私にフラペチーノを渡してくれた子が
ちょっと考えが回る子だったら、こんな推理をするはずだ。
「この人はお財布しか持って来てないから、この近くの会社の人なんだ。」

「近いならカップごと手で持って帰っても大丈夫」
今日の私はバッグを持っていた。
「この人はバッグを持っている。どれくらい持って歩くのか分からない。」

「手提げ袋付けた方がいいな」
ちょっと気を回せばできそうなことなんだけど
マニュアル通りのアルバイトの接客にはこの対応はなかなか期待できない。

今日の手提げ袋付きは
ウエハースのせいだったのか?
店員の子の気配りが効いていたのか?
はたまたこの気配りまでもがマニュアルだったのか?

もし解答が3つめだったとしたら、スタバおそるべし、である。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

美容院で政治を語る

先週美容院へ行ったものの
気分が悪くなって途中で帰ってきてしまった為(6/20のblogご参照
今日再び行ってきました。
美容院のスタッフのみなさんに口々に
「もう大丈夫ですか?良くなりましたか?」と聞かれ
いや~お恥ずかしいです。。。

私は栄にある美容院に行っているのですが
店長のTさんを前の店にいた時から指名しているので
いつもTさん指名です。
カットやカラーリングの色の相談はTさんなんですが
実際のカラーリングはSさんが担当してくれることが多いです。
このSさんとは映画の趣味が合うので
カラーリングしてもらいながら
最近観た映画の情報交換をします。

Sさんは最近「21グラム」を観たそうで
めちゃめちゃ良かったと絶賛してました。
特にベニチオ・デル・トロが良かったそうで
曰く男も惚れる(!ちなみにSさんは男性です。)セクシーさなんだそうです。
観に行ってみようかな?

本日美容院でのSさんとの会話。
Sさん「今日栄に共産党の党首が演説に来るんですよ~」
私「共産党の党首って・・・志位さん?」
Sさん「そうそう、志位さん!僕、志位さんのすごいファンなんですよ~」
私「???」
Sさんは私より絶対若いと思うんですが
今時の若者が共産党党首のファンとは、これ如何に?
Sさん「僕の友達とかもみんな志位さんのファンなんですよ~
    頭いいし、カッコいいっす!」
私「・・・?じゃあ選挙はやっぱり共産党に投票したりとか?」
Sさん「いや~選挙は全然興味ないんで。友達とかは志位さんファンが高じて
    共産党に投票したりしてますけど。」
選挙には興味ないけど、志位さんファンとは一体???
Sさん「takecoさんの髪が終わるくらいに志位さん演説してると思うんで
    僕の代わりに見てって下さいよ。」
私「はぁ・・・」

美容院を出たのが13:00くらいで
ちょっと矢場町のロフトで買物し、また栄に戻ると
・・・やってるやってる、志位さんの演説。
広小路通と大津通の交差点の
ティファニー前に選挙カーを停めて
その上から交差点内側に向かうような形で演説してます。
その斜向かいの三越前には
地元各TV局のカメラがズラリ。
やはり党首レベルの人が演説に来る時は
取材もいっぱい来るんだな。
私は政治に関してはノンポリなので
ちらっとだけ演説聞いて地下街にもぐってしまいましたが。

共産党で思い出したんですが
「アナザー・カントリー」という映画がありましたよね。
元祖美形ホモ映画の(笑)。
cover
確か第二次大戦前のイギリス・パブリックスクールが舞台で。
細かい内容は忘れてしまったのですが
コリン・ファースがルパート・エヴェレットの友人で
共産主義にかぶれたインテリ青年役を演じてて、それがとても良かったと記憶しています。

この映画のとても有名な(?)台詞、
ルパート・エヴェレットの「一生女は愛さない」という台詞があるのですが
このシーンのルパート・エヴェレットとコリン・ファースの台詞のやりとりが
非常に良かったという記憶があるのですが肝心な台詞を忘れてしまいました(汗)。
ルパート・エヴェレット:「一生女は愛さない!」
コリン・ファース:「How ridiculous!」
ルパート・エヴェレット:「○△□×○△□×○△□×・・・・・」
って感じで、
ここでルパート・エヴェレットが確かコリン・ファースに向かって
「君は国の行く末をいつも憂いているけど、親友の僕の悩みについては何の助言もくれない」
みたいなことを言ってたと思うんですが。
いい台詞だったと思うんですが、すっかり忘れてしまいました。
ググって見ても誰もそんな情報載せてないし。
・・・もう1回見てみようかなぁ?
※念のため、この映画におけるルパート・エヴェレットとコリン・ファースの間柄は
 純粋な友人関係でありホモ関係ではありません。
 誤った前提条件でこの台詞のみを見るとおかしな意味になってしまいそうなので(苦笑)。

主演のルパート・エヴェレットは後に本当にゲイだということをカミング・アウトし
ベスト・フレンズ・ウェディング」などで
うまい具合に自分の本性を発揮してます。
※ベスト・フレンズ・ウェディングのルパート・エヴェレットは本当に最高です!めちゃおもしろいです!

コリン・ファースは近年「イングリッシュ・ペイシェント」「恋に落ちたシェイクスピア」などで
いい感じの脇役としてがんばってますね。

本当は今日のblogのタイトルは
前の「なぜインテリ男はゲイになるのか?」の第2弾で
「なぜインテリ男はコミュニストになるのか?」ってタイトルにしようと思ったんですが
妙な思想の方達が検索エンジンからやってくるとマズいと思って
別のタイトルにしました(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

極楽プランその3実行

昨日に引き続き本日は「極楽プランその3」実行、です。
ウチのマンションの1階にあるエステサロン「プレジール」で
2周年記念特別メニューの
「アロマフェイス&デコルテ」と「アロマボディー背中」の
豪華2本立てに行ってまいりました!

先ずは「アロマボディー背中」。
肩こり&眼精疲労に効くようにブレンドされたアロマオイルで
背中をまんべんなくマッサージ。
私は基本的に首のつけ根あたりから腰にかけて
背骨回りの筋肉が慢性的に凝り固まっていて、
マッサージしてもらっていると
ゴリゴリしてるのが自分でもよく分かる凝り様。
うーん、極楽極楽。
途中何度か眠っていたらしく、
自分の腕がダランとベッドから落ちる衝撃で目が覚める始末(苦笑)。

次が「アロマフェイス&デコルテ」
これも同じく肩こり&眼精疲労用アロマオイルで
顔&首回りをマッサージ。
パックが選択式だったので
私はホワイトニング効果のあるパックをチョイス。
パックが冷やりしてて気持ちいい~。
パックをしばらくそのままにしておく間
当然のごとく爆睡。。。

施術後はハーブティーをいただく。
ハーブティーは6種類くらいから選べて
私は今週初めに腹痛で休んだこともあり
胃腸不良に効くと書いてある「シトラスサラダ」をセレクト。
はぁ~充実の土曜日の夕方でした♪

同じマンションの1階にエステサロンがあると
何がいいかというと
フェイシャルしてもらった後
ノーメークで部屋まで戻れるのがいいです。
地下鉄とか乗らないといけないなら
まさかノーメークでというわけにはいかないので。。。
フェイシャルしてもらった後は
せっかく顔がすっきりしているので
そんな状態に化粧なんてしたくはないものです。

マッサージのおかげで
血流が良くなってるのかとっても眠いです。
今日は早めに寝ようっと。

さて極楽プラン残るはその2なんですが
6/18のblogからはちょっと変更して
ヒルトンプラザ名古屋「ル・タン」
「角質とり30分+台湾式足ツボマッサージ30分」にしようかと思ってます。
理由は「ヒルトンホテルに行ってラグジュアリーな気分になりたい!」からです。
はい、ミーハーとでも何でも言って下さい。
セレブ気分を味わいたいんです!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

極楽プランその1実行

6/18のblogに書いた「極楽プランその1」を本日実行してきました。
フットセラピー」千種店のインディアン・ヘッド・セラピー50分コースに行ってきました。

ヘッドという名目になってますが
実際には頭だけでなく、首、肩、背中、ハンドマッサージと
トータルにやってもらって50分という感じでした。
頭は頭皮マッサージだけではなく、髪を引っ張ったり
(同行のAさんは髪を引っ張るのは痛かったと言ってました。
 私は全然平気でむしろ気持ちよかったですが。
 私は頭が凝っていたのかもしれません。)
タッピングしたり、といろいろやってもらったおかげで
50分済んだ頃には髪がグシャグシャになってました。
まぁ当たり前ですが。

頭の後ろの首と頭の境目の辺りにある
目のツボ(?)がゴリゴリに凝っていて
これは職業病みたいなもんなんですが
マッサージのおかげでちょっと楽になりました。

駅から直結の地下街
(というほど栄えてないけど。千種の地下街はものすごくさびれた感じです。
フットセラピー千種店自体はエスニックな感じのオシャレな空間なんですが。)
ということもあって行きやすく、しかも今日は金曜だったせいもあり
お客さんが結構入ってました。
職場からも近いので、また行ってみようと思ってます。

ヘッド・セラピーの後は
Aさんと今池駅近くの「早乙女ふるまゐ」で食事。
ちなみに私は大の蕎麦好きです。
この店は初めて行ったのですが
蕎麦と鴨がウリのようです。
私は鴨も大好きで。
早乙女せいろ、鴨もも肉の溶岩焼(?)などをいただきましたが
おいしかったです。

この店の鴨は美山鴨なんだそうですが
美山鴨とは岐阜県山県市美山町産の鴨ということで
私の故郷のお隣の町です。
えー田舎です、はっきり言って(笑)。
こないだ市になったばっかりだし(それまでは郡だった)。
でも、まぁ、いいところですよ(たまーに行く分には)。

さて明日は「極楽プランその3」の実行日だったりします。
もう予約してあるもんね。
「極楽プランその1」と「その3」に関しては
割引券が今月いっぱいなので
月末になってバタバタと行っている、というわけです。
明日も楽しんできま~す♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウェディング・シンガー?

6月の内に結婚式ネタをもう一つ。

「ウェディング・シンガー」っていう映画がありましたよね。
ドリュー・バリモア主演の。
映画はイマイチだったんですが
音楽が気に入ったので
サントラは買いました。
80年代の名曲がいっぱいって感じで良いです。
サントラ2種類あるみたいなんですが、私が持ってるのはこっちです。
cover

先日近所のスギ薬局で買物をしてたら(名古屋人にはおなじみのスギ薬局!)、
ある曲が流れてきて、
「あら~これ結婚式用の曲って感じ。今度結婚式で唄えって言われたらこれにしよう」
と聴き耳を立てた曲がありました。
たぶん有線放送だろうと思って、時計を見て時間をチェック。
ウチに帰って有線放送のサイトでJ-POP系の放送リストをチェック。
その曲がI WiSHの「約束の日」という曲だと分かりました。
早速このリンクからダウンロード。
何度か唄い込んでマスター(?)しました。
今私を結婚式に呼んで何かやれ、と言われたら
もれなくこの曲を唄います(笑)。
新郎新婦から他にリクエストがあろうが無視してこの曲を唄います!

この曲、ピアノのメロディラインが非常に美しいので耳についたんですが
よくよく歌詞カードを見ると、詞は全然ダメですね。。。
何か結婚式用のコピーライティングみたい、と思ったら
上のリンク先にも書いてありますがゼクシィとのタイアップソングなんだそうで。
でも何の工夫もない、単純な詞なので
かえって新郎新婦の両親・親戚層に受けるかもしれませんが。

何でこんな話を書いてるかというと
結婚式に呼ばれると
何故だか「何かやれ」と言われることが多く、
結婚式に唄えそうな歌を聴くとチェックしておく習慣があるからです。
別に芸達者なわけでも何でもないんですが。
(歌も音痴ではないつもりですが、別にうまいわけではありません。)
おそらく人前であまり物怖じしない方なので
頼みやすいのでしょう。

一番よく頼まれるのはスピーチですが
誰でもそうだと思うのですが
スピーチが一番嫌です。
前もって原稿書くのが面倒で(苦笑)。
誰かがスピーチ書いてくれればまだ楽ですが
そのスピーチを覚えるのも面倒だし。
原稿を朗読してもいいんですが
せっかくなら原稿持たずにやりたいですよね。

今までで一番大変だったのは
新郎新婦の生い立ちから出会い、結婚までをまとめた
スライドショーのナレーションです。
たまたま新郎新婦両方と知り合いだった為頼まれたのですが
これは正直大変でした!
だってスライドは新郎新婦が準備したのですが
原稿は私が書いたのです!
新郎新婦にインタビューみたいなことをして、
原稿書いて、
当日ナレーションして(これはさすがに原稿見ながらやりましたが)。
が、これは苦労した分ウケが良くて
(何人かには「プロの方ですか?」とまで言われた。ムフフ)
気分が良かったです。

その点歌ならまだ気が楽です。
どうせ誰も聴いてやしないんだから。
スピーチの時はさすがに皆さんご静聴って感じですが
歌の時は食事タイムって感じですよね。
(下手すると歌の時間は新郎新婦お色直しでいなかったりするし。)
よく知ってる歌なら別に準備もいらないし。

今まで唄ったことがある歌は
まぁありがちですが松田聖子の「大切なあなた」。
あと今井美樹の「雨にキッスの花束を」も歌ったことあるなぁ。
でもこの曲は途中で台詞を言うところがあって
そこがめちゃめちゃ気恥ずかしく
歌の内容自体は結婚式向きなんですが
この曲はやめようと思いました。
あとカーペンターズの「We've only just begun」も唄ったことあります。
英語も簡単だし、キーも合わせやすくて唄いやすいです。

女優の水野真紀さんが結婚する時に
ヒュー・グラントが好きなので彼にちなんだ曲を披露宴で使う予定、という
ニュースを読んだ時
てっきり「フォー・ウェディング」の「愛にすべてを(Love is all around)」かと思ったら
ノッティングヒルの恋人」の「She」だったようで。
「愛にすべてを(Love is all around)」の方が盛り上がりそうで
結婚式向きだと思うけどなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミュージカルは眠りを誘う?

郵便受けにメーテレ(名古屋テレビ)からのDMが入っていた。
中を見たらメーテレ協賛の舞台エンタメのお知らせだった。
あぁ、こないだキャンディード観た時ちゃんとアンケート書いたから
それで届いたんだ。

"42nd Street"のチラシが入っている。
このミュージカルは確かずーっと昔にTVでやっているのを観た覚えがある。
いいなー生で観たいなー
ちょっと悩みどころ。

私が大学生の頃、アメリカのコロラド州デンバーで
ホームステイしてた、という話は前にも書いたんですが
その時にホストファミリーにミュージカルに連れて行ってもらいました。
そのミュージカルは"Into the Woods"。
そう、新国立劇場で今やっているミュージカルです。
聖子の娘SAYAKAちゃんが出てることで話題になってますね。
芸能系のニュースで読んだ時に
「いや~懐かしいな"Into the Woods"」と思いました。
が、このミュージカル、実は全然内容を覚えていません。
演っている間眠ってしまっていたからです・・・(汗)
もったいない。
何度も繰り返し唄われたテーマ曲だけはよく覚えてるんですがね。。。

その後NYに行った時に
やはりミュージカルに行きました。
ミュージカルの王道"Cats"です。
が、これも寝てしまったのです。。。
なのでこれも全く内容を覚えていません。
途中の休憩時間に目が覚め、
後半また寝てしまい、最後の拍手喝さいで目が覚めました。

NYの時のは明らかに時差ボケでした。
渡米してから3日目くらいに観たので。
デンバーの時のは渡米して2~3週間経ってたので
言い訳のしようがないですが。
海外旅行に行った時にはミュージカルに行くな、と
いうことなんでしょうかね?

さて"42nd Street"どうしようか?
国内だったら寝ない自信はあるし(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

集めているわけではないけど

火曜日なのでトラックバック野郎ネタです。
今日のお題は「とっておきコレクション

集めているわけではないんですが
やたらとピンクのものを買ってしまうクセがあります。
私のラッキーカラーなんだそうで(笑)。
なので私の持ち物はピンクのものが多いです。
(だいたいこのblogのテンプレート見れば分かりますよねー
 そーです。ついついピンクなんで選んじゃいました。)

占いを信じてるわけじゃないんですが
占い結果がおもしろくて
結構見てしまう占いが「0学占い」。
上のリンクはヤフー占いなんですが
私が好きなのは
hanakoから毎年年末に出す0学占いの雑誌。
今年のはこれ↓です。
『山本令菜の0学占い2004年開運! 運勢カレンダー』

この占いによると私は氷王星という星なんですが
氷王星のラッキーカラーはピンクなんだそうで。
それが分かって以来、モノを買う時は何となくピンクのものを買ってしまう私(笑)。

この占いは他の占いと違ってどこがおもしろいかというと
ラッキーアイテムとかラッキーな旅行先とかラッキーな食べ物とか
事細かに指定してあるのがおもしろいんです。
例えば私の氷王星の場合だと
「牛」と相性が悪いらしく、牛革とか牛乳とかは相性が悪いんだそうで。
そう書いてあると財布を買い換える時
わざわざピンク色のピッグスキンの財布を買ってしまう私(苦笑)。
あとラッキーな旅行先がインドなんだそうで
でも牛とは相性が悪いから牛は避けて通るように、とか平気で書いてあるんですが
インドなんて牛わんさかいるじゃん!!!

という具合の非常におもしろい占いなんです。
回りの友人にも2・3年前から啓蒙してるんですが
みんなこの占いのおもしろさにハマるようで
年末になると
「hanakoの来年の0学GETしたよ!」
というお知らせメールが続々と飛んでくる有様。

信じる信じないは別にして
(私も全部信じてるわけじゃないです。牛乳毎朝飲んでるし。)
おもしろい占いなので
興味のある方は年末書店の店先でチェックしてみて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

結局休んだ・・・が意外と正解か?

今朝になっても腹痛が治まらなかったので
結局今日は会社を休ませてもらった。

おかゆとポカリスエットを摂って
(お腹が痛い時はこれが定番)
横になりながら
NHKの台風情報を見る。
「このまま腹痛が治まらなかったら、台風が来ないうちに医者に行こう・・・」
などと思っていたら
台風が来てしまった!

すごい風!!
すごい雨!!!
いそいでベランダのサンダルと洗濯用ハンガーを退避(一応病人なんですが・・・)。
アスターのプランターはどうしよう?
が、強風で倒れるほど育ってないので
出しておいてもいいだろう、と判断して
そのままにしておく。
これでは医者に行けるような状態じゃないぞ。
(かかりつけの内科は大通り挟んだ向こうなので近いんですが
 それでもびしょ濡れになるのは必至。)

昨夜から今日のお昼まで
ひたすらおかゆとポカリスエットのみを摂り
あとはグーグー寝ていたら
さすがにちょっと良くなってきたので
のそのそと起き上がり、PCの電源を入れる。
・・・上司からメールが来ている(怒)。
しょうがないので返信する。

ふと気づくと
ウィンドウの最小化ボタン、閉じるボタンのマークが数字に化けている。
・・・フォントキャッシュが壊れてるのか?
Safeモードで再起動。表示が元に戻る。やれやれ。
あれ?もしかして私のblogのサイドメニューのフォントが変だったのも、これか?
と自分のblogを見ていると・・・直っている!
なんだcssが更新されていたわけではなく
私の環境のせいだったのね・・・。
というわけでひと働きした気分。。。
何をやってるんだ、私は一体?

この暴風雨の感じだと
きっと会社は15時頃に帰宅命令が出るな。
私が休みの日に帰宅命令出さないで欲しい。
何か損した気分になる(苦笑)。

というわけで
この台風の中医者に行くわけにいかないので
もうちょっとおとなしく寝ていよう。
blogも本日分書いたし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

また腸炎か?

気持ち悪い・・・
起きた時からずっと調子が悪いと思ってたんだけど
無理して美容院行ったら
パーマ液の匂いとかから
気持ち悪くなってしまった。。。
今日はカラーリングとカットをしてもらう予定だったんだけど
カラーリングの前にすでに気持ち悪くなってしまい
急遽タクシーを呼んでもらい帰るハメに。
この気持ち悪さと体のダルさが
年初にやった腸炎に似てる。
また腸炎か?
帰ってきてからずっと横になっていたら
ちょっと良くなったが。

というわけでさっさとUPして
今日はもう休みます。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

6月のチーズケーキ

先月も書いた千趣会の「チーズケーキの会」。
今月分が今日届きました。
今月のは
長崎県長崎市の「リトル・エンジェルズ」の「フロマージュ」というチーズケーキ。

cheesecake0619

何で切った状態で届くのかというと
柔らかすぎて特別なカット方法じゃないと切れないんだとか。
うーん、イマイチどういうことなのか把握できないが(笑)。
どっちにしろ私はケーキ切るのが苦手だから
切ってあるのはありがたいけど。
確かに丸ごとの方が見た目にはインパクトありますがね。

今夜は宴会があったので
どうしようか迷ったのですが
ケーキは別腹だし、早く食べてみたいってのもあったので
早速冷蔵室で解凍。
宴会から帰ってくる頃には程よい状態になっているハズ。。。

で、さっき食べてみました。
えーっと0:00近くだったんですが。。。
こんな時間にケーキを食べるとそのまま脂肪になりそうですが。
まぁたまにはいいでしょう(笑)。
パクパクっと。

・・・すごく濃厚な感じ。
商品説明の紙に
「しっとりねっとり」という表現が使ってありますが
まさにそんな感じ。
今回はお勧めの飲み物が書いてないんですが
この濃厚な感じはやっぱコーヒーかな?
というわけで明日の朝食はチーズケーキとコーヒー、ということで(笑)。

----------------------------------------------------

ところで私のblog、ヘッダとサイドメニューのフォント
今までと変わってませんか?
私変えた覚えないんだけどな?
cssが勝手に更新されたのか?
今までので見慣れてるんで
前のに戻したいんだけどな。
どんなフォント使ってたんだっけ???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

華麗にして魅惑的な極楽プラン

昨日無事ボーナスが支給されました。
予想よりちょっと少なかった(泣)。
が、この不景気のご時世
ボーナスが出るだけマシと思うべきなのかもしれません。

私はボーナスが出ると必ずやることがあって。
それは半年よくがんばったね、とご褒美の為
マッサージに行くことです!

私は人並み外れた慢性肩コリの持ち主なので
何とかしてこれを少しでも軽減したい、と
いろんなマッサージ屋を渡り歩いています。
今回はボーナス支給日1週間前から
「ボーナスが出たら行くぞ!マッサージサロン」の
ピックアップを始めていました。
厳正なる審査(?)の結果、今回はこの3つに行くことにしました!

1)「フットセラピー」のインディアン・ヘッド・マッサージ
2)「フットルーム プラナ」のドイツ式角質除去&英国式フットマッサージ
3)「プレジール」の2周年特別メニューのアロマフェイス&デコルテ

私は今年の4月から勤務地が千種(in名古屋)になったんですが
ここは何故だかフットマッサージサロンの激戦区。
駅の周辺に結構フットマッサージサロンが林立しています。
1)と2)は千種近辺にサロンがあるのでそこに行く予定。

1)は以前に久屋大通のアネックス内にあるサロンに行ったことがあって
そこで会員カードを作ったので
たまにDMが送られてきます。
そのDMに載っていたのが千種サロン限定メニューの
「インディアン・ヘッド・マッサージ」。
千種限定のためか上記リンク先から飛べるメニューには載ってません。
要するに頭皮マッサージだと思うのですが
とても気持ち良さそうです。
インドというキーワードが何か効きそうな感じですよね。

会社の友人Aさんに話したら
彼女も興味あるとのことなので
一緒に行くことにしました。
来週木曜日or金曜日に行く予定です。
ここのサロンは名前の通りフットマッサージがメインなんだと思うんですが
足以外にも顔、体全体も扱っているようですね。

2)はおそらく私が初めて行ったフットマッサージ・サロンです。
私はデパガ時代の立ち仕事のせいで
足の小指の外側にウオノメが出来やすいんですが(痛い、、、涙)
ここのサロンに行くまでは
半年に1回くらい近所の外科で
外科バサミでウオノメを切り取ってもらう(!)、ということをやっていました。

ご存知の方はご存知と思うのですが
ウオノメというのは芯があって
この芯を除去しないことには
またすぐにウオノメが再生してしまうんです。
外科医はプロなのでこの芯をきれいに取り除こうとするんですが
これがキョーレツに痛い!!!
しかも切り取った後の皮膚がボコボコになってしまう為
みっともなくてしばらくサンダルとかが履けない!

そんな時に友人にこのサロンを教えてもらって行ったのですが
ここのドイツ式角質除去では
蒸しタオルでウオノメをフニャフニャにしてから
きれいに除去してくれます。
サンダルもすぐ履けます。
料金的にはもちろん外科の方が安いんですが
安さに負けてオシャレ心を忘れてはいけません!

以前ここの台湾式フットマッサージも試したんですが
これは痛かった!
いやもちろん効くんですが、痛いのはちょっと。。。
なので軟弱者の私は英国式がお気に入りです。

ここは来週末の土日どちらかに行こうかな~

3)は以前にもblogの中で書いたのですが
ウチのマンションの1階にある
ご夫婦2人でやっているエステサロン。
(ここはHPがないのでリンクできませんでした。
奥さんがHP作成に興味あるみたいなんで
そのうちできるかも?)
※2004/12/01にHP開設したそうなのでリンクしときました♪

今年の6月でオープン2周年らしく
限定メニューのご案内がきました。
上の1)2)で頭と足を癒してもらうので
ここでは定番のフェイスマッサージを。
ここも来週末の土日どっちかかなー

というわけで
豪華3本立ての極楽プラン。
楽しみです~

------------------------------------------------
マイフォト「アスター観察日記」更新しました。見てね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

seasonⅡはDVDの方がお得か?

さてさて。
月曜日に別話題に走ってしまった為置き去りにしてきた
「24」seasonⅡ見始めの感想、である。
cover

マイリストの方は見終わったら
結構リアルタイムで反映するようにしてるんですが
観たドラマ全部に対してレビューを書く熱意はなく(笑)
(というか、うまくレビューを書いているサイトは既にいっぱいあるし)
まぁ私はseasonⅡ見始めのちょっとした印象だけ。

まだ8:00の回と9:00の回しか見てないので
そんなに大きな動きはまだ無し、って感じ。
いや、起きてる事件自体は大きいんですが(笑)。

seasonⅠの痛手を受けて
CTUを辞めたジャックが
パーマー大統領(大統領になっていた)の要請で復職する。
で、いきなりジャック的スタンドプレイ炸裂で
いつの間にやら潜入捜査。
潜入したテロリストグループの行き先は何と・・・!
って感じです。
まだ見てないですが、手元には
10:00の回と11:00の回のDVDが待機中。
明日の晩か土曜日には見る予定。

ところで今回驚いたのは
DVDには何と特典映像が付いている!
seasonⅠはDVDとビデオ半々で見たんですが
DVDのルートメニューとか見ても
特に特典映像はなかったんですが。
seasonⅡのDVDには
カットしたシーンを
なぜカットしたかの解説付き映像がついてます。
「TRICK(仲間由紀恵、阿部寛 主演)」で言うところの「やむ落ち」ですね。
「TRICK」の場合は解説は確か付いてなかったですが。

seasonⅡの「やむ落ち」シーンは
本編に入れ込んで再生と
「やむ落ち」シーンだけまとめて解説付きで再生と
2種類から選ぶことができます。
私は後者の方で見ました。
seasonⅠが評価高かったんで
seasonⅡでは更に良いものを、との意気込みが感じられる
解説が入ってます。

どうしよう、特典映像付いてるならseasonⅡは全部DVDで借りようかな?
ビデオしか残ってない時すごく迷いそう~です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

映画「69」試写会

おっと、ちゃんとメンテができたのか?すんなりログイン~
では今日は気を取り直して(笑)。

映画「69」の試写会に行ってきました。
原作:村上龍
脚本:宮藤官九郎
監督:李相日
出演:妻夫木聡、安藤政信

感想:
うーん、イマイチ・・・(苦笑)。
何だろう、見ててミョーな違和感に覆われたまま
その違和感が最後まで離れない映画でした。
何かこう、喉越しが悪い、というか
カツンカツンつっかえる感じ?
この違和感はなんだろう?と考えてみたのですが
1)主役ケンのキャラクターと妻夫木聡のイメージがあってない気がする。
2)九州弁(舞台は長崎の佐世保。長崎弁ってあるんでしたっけ?博多弁はありますよね。)
  の言い回しに役者が振り回されている気がする。つまり台詞回しがどうもしっくりこない印象。
この2つが大きな理由だったような気がします。

妻夫木聡が演技がうまいかどうかはよく知らないんですが
この役に関して言えば、もっとふてぶてしい感じが出せる
役者さんの方が良かったような気がします。
この映画、ゲスト出演みたいな感じでムラジュン(村上淳)が
ちょっとだけ出てたんですが
彼をもっと若くしたような感じの役者さんだと
イメージがぴったりなんだけど、と思いました。
ツマブキはもっとナイーブな感じの役が合いそう。

クドカン脚本の作品は結構見てる気がします。
映画は「GO」と「ピンポン」、
ドラマは「池袋ウェストゲートパーク」、「マンハッタン・ラブストーリー」。
「マンハッタン・ラブストーリー」は視聴率がめちゃくちゃ悪かったみたいだけど
あれは裏が「白い巨塔」だったからだと思うな。
だっておもしろかったもん。
毎週ビデオにとって大笑いしながら見てたもんなー
「ピンポン」と「池袋ウェストゲートパーク」は
2作ともクボヅカここにあり!みたいな作品でした。
そーいえばクボヅカどうしちゃったんでしょうねー
いい役者さんだと思ってたんですが。。。
復帰できるんでしょうか?

邦画はあんまり見ない私なんですが
「ピンポン」は去年TVで放映されたのを見て感動しました!
めちゃめちゃいい映画です。
最後のクボヅカと中村獅童の一騎打ちのシーンがすごくいいです。
スマイル役の子もかっこよくて良かったし。

そういえば今日見た「69」は構成がちょっと「ピンポン」に似てる、と思いました。
「69」のケンとアダマ、「ピンポン」のペコとスマイル。
この2人の関係がどうも被る感じがします。
オープニングの構成も似てました。
「ピンポン」のオープニングは
クボヅカが「I can fly!」と叫んで、橋から飛び降りるシーンでしたが
そこから少し前の時間帯に戻って、また橋から飛び降りるシーンに戻る。
「69」も米軍基地の金網をよじ登るシーンから始まって
そこから少し前の時間帯に戻って、また金網をよじ登るシーンに戻る。
これはクドカンの好きなパターンなのか?
それとも監督の意向か?
(でも「ピンポン」と「69」は監督違うぞ。)
「ピンポン」がいい映画だっただけに
似た構成にするとどうしても「69」の方がちょっと劣って見えてしまうような。。。
まぁ好みの問題かもしれませんが。

元々私は村上龍作品とは
あんまり相性が良くない、と感じてて(笑)。
「限りなく透明に近いブルー」も「コインロッカー・ベイビーズ」も
あんまりしっくりこなかった。
だからもしかしたら村上龍ファンの人だったら
この映画しっくり来るのかも?
よく分かりませんが。
村上龍のエッセイは好きでよく読んでましたが。
小説に関しては、同じ「村上」でも私は断然「春樹」派なので(苦笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ココログ殿お詫びはトップページに

おお!今日はまだ時間が早いからか何とかログインできたゾ!
さっさとUPしてしまおう(笑)。

[ココログスタッフルーム]に6/16までに緊急メンテを行うとあります。
ということは明日の夜には快適な状況になっているということか?

昨夜10時の時点でログイン画面にさえ
たどりつけない状態だったので
どこかにアナウンスがあるはず、と
夕べも[ココログスタッフルーム]を
(夕べ初めて存在に気づいた)
覗いてみたのですが
このアナウンスは本日のものなので
当然のことながらありませんでした。

納得できないのは
なぜこのアナウンスをココログナビのトップページとか
ログインページに載せないのか?ということなんですが。
昨夜ログインページにさえ
なかなかたどり着けなかったことを思うと
ココログナビのトップページに載せてしかるべきだと思うんですが。
スチームボーイのバナーは下の方の
他のバナーのところに移動させて
一番上の目立つところにお詫びのアナウンスを載せるべきだと思います。

私は同じ業界の人間なので
「明日は我が身かも」とか思うと
同情心もあったりして
(担当SEは今頃胃に穴が開いてるか、10円ハゲとかできているのでは?と
 想像してしまったりする・・・)
この手のトラブルの話を聞くと
「大変だよね、がんばってね」と
割と寛大な方なのですが。。。
公式なお詫びアナウンスがない点(ログインできてから表示してては遅いのよ!)、
このトラブルの最中「ありがと。BLOG」などという新企画を立ち上げている点など見ると
「本当に対処してるのか?」と
思ってしまいたくもなります。。。

私と全く同意見の方のblog見つけちゃったので
リンク&トラックバックしちゃいます~
またもおざなりな対応? from HM-Labo辺境観測所

せっかく獲得した大量のユーザを離さないよう
ココログのスタッフ&エンジニアのみなさんには
本当にがんばってもらいたいです。
(って私がこんなとこに書いてても読まないかなー・・・)

本当は昨日も今日も別のことを書くつもりだったのになー
何か書く気失せちゃいました。。。
blog開始以来初めてのモチベーション危機?
いや明日には普通の精神状態に戻ってます(たぶん)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ココログサーバめちゃくちゃ不安定・・・モブログから

夕べに引き続きココログサーバがめちゃくちゃ調子悪そうである。
夕べもblogをUPしようとしたら
同じ記事が2つもUPされたばかりか
ゴミのようなものまでUPされてしまっていた。
(12時越えてから削除したが。。。)
今日昼間に緊急メンテをやったようだけど
全然解消されていないような気がする。
平日22時台にこの遅さは異常。
携帯サイトからならすぐにUPできるだろうか?
サーバの調子が悪くて日刊連続記録が中断されるのも癪なので
とりあえずモブログからUPしてみる。
こちらからはうまくいきますように!
※入力を待つ自宅デスクmydesk.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「博士の愛した数式」

いや~泣きました!!
昨日のblogで言ってたのはこの本です。
「博士の愛した数式/小川洋子」

cover

夕べから本日にかけて一気に読了しました。

私は基本的にハードカバーの本は買わないようにして
文庫になるのをひたすら待つ派なんですが。
理由は
1)ハードカバーはかさばる。置き場所に困る。
2)持ち歩くのが面倒。
3)高い(価格が)。
4)お風呂に持って入れない(まぁ入れなくはないんですが)。

なので私がハードカバーの本をあえて買うのは余程のことなのですが。
今回は久しぶりにSuperNaturalなPowerに動かされてしまいました。
「汝この本を買うべし」みたいな(笑)。
さっそくamazonに飛んでいって本書を購入。昨日入手したというわけです。

買うきっかけになったのはこちらのblogです。
博士の愛した数式 in "dAys oF cLIck"
※Special Thanks to "dAys oF cLIck"の管理人さま(ハンドル名とかが分からない~(苦笑))
おかげでいい本に出会えました。

小川洋子の本は確か「妊娠カレンダー」と「アンジェリーナ-佐野元春と10の短編」ってのを
読んだことがあって。
特にファンとかではなかったんですが
「妊娠カレンダー」は確か妊娠した姉の飲み物に毎日毒を混入する、みたいな話を
すごく不思議な感覚で書き上げてあったので、印象に残っている作家さんではありました。

「博士の愛した数式」はところどころに涙腺ポイントがあり、
自分でも「何でこんなとこで泣いてるんだろう?」ってな状態でした(笑)。
一番泣いたのはラスト近くの未亡人の台詞(P249)です。
この小説、すでに映画化の声があがっているそうですが
この未亡人役は確かな演技力のある女優さんに演ってほしいものです。

数学に関しては
私は高校2年生の時に「微分積分」でドロップアウトした人間なんですが(笑)
思えば中学時代とかは数学好きだったよね、となつかしく思い出していました。
方程式を立てて解く文章問題とか、図形の証明問題とかが好きで
解けた時のあの爽快感は他の科目にはないものだったと思います。
数学の解の持つ明快なものの美しさ、みたいなものを
この小説を読んで思い出していました。

どこかのサイトに「阪神タイガース」のネタは不要だったのでは、とか書いてありましたが
私は随所に散りばめられた「阪神タイガース」のエピソードが
却って数学ネタといいバランスをとっていると思いました。

気持ちよく泣けるいい小説でした。お勧めです。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

ブラッドベリってまだ生きてたんだ

華氏911「題名盗んだ」 ブラッドベリ氏が批判 from Yahoo!ニュース

何かと話題のマイケル・ムーア監督の「華氏911」。
USでは内容の過激さ(?)からスポンサーが付くの付かないのと
もめてるそうですが。
でも、まぁ結局のところ上映はされるでしょう。
何だかんだ言っても話題作ですから。

レイ・ブラッドベリの「華氏451」の原作は読んでないんですが
映画は見ました。
近未来感がきれいに表現されている映画でした。
内容的には考えさせられるものがありますが。。。
ラストシーンの雪の降る中、人々が本を暗記して歩くシーンが美しいです。お勧め。
cover

昨日、上のリンクのYahoo!ニュースを読んで思ったのが
「あれ?ブラッドベリってまだ生きてる人だったんだ?」
・・・てっきりもうお亡くなりになった人かと(汗)。失礼しました。

私はブラッドベリは萩尾望都の漫画から入った人です。
ウは宇宙船のウ」という作品集があって、
この漫画を読んで、あまりに感動したので
ブラッドベリの原作を読んだ、という順序です。
後で原作を読んでみても、
小説と漫画、イメージがぴったり一致します。すごい。さすが萩尾望都。

「ウは宇宙船のウ」は短編集なんですが
その中でも一番好きなのはやっぱ「霧笛」ですね。
・・・すごい定番な選択らしいですが(苦笑)。
恐竜の存在が哀しいです。
たった一人(一頭?)だけ生き残ってしまったものの哀しみ、というか。。。
いいです。確実に泣ける名作です(漫画、小説ともに)。

・・・書いてるうちに再読したくなってきました(笑)。
が、漫画、小説とも実家なのでした。。。
たまには実家に帰れ、というお告げか???

--------------------------------------------------
今日はやたらとamazonへのリンクが多いんですが
夕べamazonのアソシエイト・プログラムというのに申し込みまして。
思えばたまにblog内で本、映画、音楽のお勧め書くんで
お小遣い稼ぎできるかも?などという
ヨコシマな思いから申し込んでしまいました(笑)。
blog読んで読みたい、見たい、聴きたい、と思った方、
どうぞリンク先に飛んでいって購入を検討して下さいマセ(笑)。

私も人のblog読んでて「あ、この本読みたい!」とか思って
amazonに飛んでくことよくあるし。
今日も2・3日前に読んだblogから
衝動買いしてしまった本がamazonから届いたばかり。
これ、結構来そうなんです。
感想は近日UP予定。それまで本のタイトルは内緒です(笑)。

--------------------------------------------------
マイフォト「アスター観察日記」更新!見てね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっとC2--モブログから

会社の自販機にC2入ったので
やっと飲むことができました。
コンビニで買っても良かったんですが
自販機がComingSoon状態になってるので
意地でも会社の自販機で買うゾ!みたいな意気込みが。
感想、、、他のみなさんも結構書いてますが
ダイエットコークの方がまだマシな味ですね。
私は眠い時に炭酸を飲むので
カロリーオフはいいんですが
ダイエットコークはカロリー0なので
今後も眠い時はダイエットコークでいくことにします。
因みに撮影場所は会社の私のデスク、だったりします(笑)。

※今夜は会社の宴会なので日刊が危うい。。。
なのでお昼休みに保険でUPしときます。

c2.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ホテリアー」から双六的展開で

昨日のアクセス解析を見たら
検索エンジンから「ホテリアー」というキーワードで
このblogを訪れて下さった方が何と(延べ)11人もいらっしゃった。
びっくりである。
「ホテリアー」のことほとんど書いてないのに。
6/6のblogに「ホテリアーは買いか?」とだけ書いたのと
あとは「マイリスト」で「見ている海外ドラマ」の公開を始めたので
そこに載せてるだけなので
「ホテリアー」の何かを求めて訪れた方には
大変申し訳なく思っている。。。
因みに「ホテリアー」というキーワードでググってみても
このblogがそれほど上位に表示されるわけでもないし。
実に興味深い解析結果である。

録画しておいた「ホテリアー」の第1、2回は
火曜日に見たんですが
火・水は別ネタがあったんで全然書かずじまい。
なので今日はちょっと書いてみることにします。

余談ですが「ユジンの髪型」というキーワードで訪問される方も
結構います。
5/17のblogで書いたからなんでしょうが。。。
韓ドラファン(って略してもいいのか?)おそるべし、って感じですね。

私的には「冬ソナ」より「ホテリアー」の方が好きです。
ヨン様は主役、というよりは準主役です。
主役の中の一人ではあるんですが。
しつこいようですが私はヨン様ファンではありません。
(あんまりしつこいと言い訳みたいに聞こえるなぁ。。。)
流行りモノはとりあえず追っかける単なるミーハーなだけです。

そういうちょっと引いた視線で見ると
役柄的にも「ホテリアー」のヨン様の方が私は好きだ。
「冬ソナ」の純愛まっしぐらな(まぁ仕事もそれなりにしてますが)役柄よりも
「ホテリアー」の仕事の為なら手段は選ばぬ的な
クールな切れ者役の方が断然かっこいいと思うんだけど。

あともう1つ。
「ホテリアー」の主役の女の子の方が
「冬ソナ」のユジンよりも絶対美人!なのも
「ホテリアー」に1票、の理由かなー
「冬ソナ」見てるとユジンのことを
やたらと美人美人、と言ってるんですが
どっちかというと地味~な顔だと思うんですけど。
あれが韓国美人の顔なのかな?
顔だけで言ったら意地悪なチェリンの方がよっぽど美人だと思うけどな。
「ホテリアー」の主役の女の子は
キャラクターもチャキチャキしてて良し、って感じ。
ユジンは暗いし。。。
「ホテリアー」1、2話見た限りではなかなかおもしろそうなので
今後が楽しみです。

関係ないですが
私は毎朝時計代わりにNHKのニュースをTVで流してるんですが
7時から担当の女性キャスター(高橋キャスター)、ユジンに似てませんか?
いや別に高橋キャスターが地味とか言ってるわけでは。。。
(言ってるじゃん、間接的に>自分)

私の会社の友人Aさんは
携帯の着メロも「冬ソナ」のテーマにしちゃって
すっかりハマっています。
ヨン様主演の映画「スキャンダル」まで観に行こうかしら、なんて言ってるし。
実は隠れヨン様ファンなんじゃ・・・?
(本人は違うと言ってますが。)

ところでこの映画「スキャンダル」は
ラクロの小説「危険な関係」を原作としているのは
リンク先にも書いてある通りなんだけど
私はグレン・クロース、ジョン・マルコビッチ版の映画「危険な関係」は見ました。
いや~おそろしかったです。グレン・クロース演じる公爵夫人が。
まだ若~いキアヌ・リーブスやユマ・サーマンも出てるし。
映画的にもすごくいい映画です。未見の方は是非。

「危険な関係」は更にその前に
フランス古典(?)映画界の超美形俳優、ジェラール・フィリップ主演でも
映画化されてるようですが、これは私も未見で。
ジェラール・フィリップ、好きなんですよー
たまたま「パルムの僧院」を見て
あまりの美形さに窒息死しそうになりました(半分マジ)。
ここにいっぱい写真が。。。ジェラール・フィリップ オフィシャル・サイト

何であえてトップページではなく、ここをリンク先に選んだかと言うと。
このコピーがいいじゃないですか。

アメリカにジェームス・ディーンがいて
日本に市川雷蔵がいたように
―フランスには「彼」がいた。

実は私は市川雷蔵(というか彼の眠狂四郎シリーズ)も大好きで。。。

と「ホテリアー」から双六的にコロコロ転がって
市川雷蔵まで来てしまいました。
眠狂四郎はこれまた窒息死しそうなくらい好きなので
そのうち語りまくると思います。

というわけで本日はここで「あがり」。
------------------------------------------------------------

追記:本日もマイフォト「アスター観察日記」更新しました。見て行ってね♪

| | コメント (0) | トラックバック (1)

7対0ってどうなの?

さてここんとこA代表の試合をまじめに見てこなかった私ですが
(先週の対イングランドの親善試合は結局睡魔に負けて起きられなかったし。)
今日はさすがにW杯予選なので
定時でしっかり仕事を終え・・・ることは出来なかったんだけど(苦笑)
水曜恒例ジムの日も明日にズラすことにし
飛ぶように帰って何とかキックオフには間に合いました。

また格下相手にハラハラするような試合をするのでは、、、
などと思っていたら
そんな不安はすぐに雲散霧消し
結果は7対0の大量得点で勝利。
さすがに前半3点取った時点で
「あんまり点差がありすぎてもサッカーっておもしろくないよね~」
などとつぶやきながら見てたんですが(笑)。

しかし解説のセルジオさんではないですが
もっと点取れたような感じがしましたが。。。
でもあんまり贅沢言ってはいけませんね。
とにかく7得点で勝利、良かったです。
次の9/8アウェーでのインド戦もこの調子で行って欲しいですね。

その前に五輪サッカーも大いに楽しみですが。
ん?7月にアジア杯?アジア杯って何???(苦笑)
--------------------------------------------------
追記:マイフォト「アスター観察日記」本日更新。見てね!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

結婚式に絶対に忘れてはいけないモノ

結婚式かー。お葬式の方がいいネタがいっぱいあるんですが(笑)。
本日はトラックバック野郎ネタです。
結婚式のエピソード

私は自他共に認めるすごい悪筆です。
字がすごく汚いんです。
通信教育のボールペン習字などというものも
やってみようと思いましたが
根性がなくて1週間で放り出しました(つまり教材は買った、ということ)。
なので墨字なんてとんでもない話で
結婚式のご祝儀袋も書くのが嫌で
いつも前の晩になって嫌々書くのが常です。

ある友人の披露宴に招待されていたその前の晩、
「きれいに書けますように」などと念じながら
いつもの悪筆でご祝儀袋を書き終えて
さてお金を入れようとしたその時!
「げっっっ!持ち金が全然ない!!!」

あるはずのお金がないとか、お金を落としたとか
そういう話ではありません。
明日が結婚式ということも忘れて
お金を用意してなかっただけの話です。

当時私はデパートに勤めていました。
デパートというところは便利です。
友人の結婚式が近づくと
文具売場でご祝儀袋を買い、
出納でお札をピン札に替えてもらう。
しかしその時に限って
「お札をピン札に替えてもらう」という
行為を忘れていたのです。
おそらく持ち合わせがなかったので
後で銀行のATMで下ろしてこよう、などと思って
そのまま忘れたものと思いますが。

さて時間は金曜夜の11時を回った頃。
披露宴は確か正午からだったんですが
その友人は教会での人前式で
その式の開始が朝10時。
その頃は今みたいに24時間やってる銀行のATMなんてなかったし。

しょうがない。明日朝教会に行く途中でお金を下ろしていこう。
そう思ってその晩は眠りにつきました。

私は披露宴に招待してもらった時は
たいてい着物で行くことにしています。
(真夏の暑い時を除いてですが。真夏の着物は暑い。。。)
お茶をやっているので、着物を着る機会もそこそこある為
いちいち美容院で着せてもらっていては
着付代がもったいない、と着付を習いました。
なので自分で着ることは何とか出来ます。
が、他人に着せることはできません。。。
帯結びもお太鼓と文庫しかできません(汗)。
なのでお茶会の時はお太鼓、結婚式の時は文庫、と
パターン化しています。。。

着物なので結婚式場へはタクシーで行くことにしています。
結婚式場が名古屋市内なら
タクシー代も大抵2千円弱くらいだし。

ご祝儀を忘れたその結婚式の朝、
着付を終え、呼んだタクシーに乗って
「南山教会までお願いします。行く途中に最寄のU銀行のATMに寄って下さい。」
・・・ああ、恥ずかしい(赤面)。
車を出しながら、タクシーの運転手さん、
「・・・お客さん、ご祝儀忘れたんですか?」、私「そうです。。。」
運転手「長年この仕事やってますが、そんなお客さん初めて乗せましたよ。。。」

・・・ある意味非常に思い出深い結婚式となりました。
お札もピン札じゃなかったし、、、友よ、ゴメン。
そんな過去があるにもかかわらず
結婚式のご祝儀袋の用意はあいかわらず前日夜です。
・・・だって墨字はやっぱ苦手で。。。

--------------------------------------------------

私は名古屋在住なので
当然名古屋の結婚式に出ることが多いのですが。
世に有名な「名古屋の結婚式」ですが
そんなに派手でもないと思うんですけど。
私の友人にはお金持ちも貧乏もそれなりにいるんですが
お金持ちの結婚式でも
言うほど絢爛豪華ではないと思います。

よく他の地方の知人に聞かれるのが
「お菓子撒いたりするんだよね?」
ですが、これも私の知ってる限り最近はほとんどないと思います。

私は出身は岐阜なんですが
私が子供の頃はお嫁さんを出すお家で
お菓子を撒く習慣がありました。
岐阜は文化的には名古屋圏なので
おそらくそのあたりは共通の習慣でしょう。

その頃はお嫁さん姿は実家で作って(?)
それから結婚式場に向かう、という習慣でした。
お嫁さんが実家を出て、式場に向かう車が出る時
その実家の2階とかから
盛大にお菓子(袋入りの駄菓子とか)をバラ撒くのです。
なのでお嫁さんが出るその日は
近所の子供達はお菓子を拾いにあちこちから集まるわけで。
(当然大人も(笑))

私も従姉妹のお姉ちゃんがお嫁に行く時、
菓子撒き隊(?)をやったことがあります。
結構楽しかったです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

なぜインテリ男はゲイになるのか?

うーん、我ながら過激なタイトル(笑)。

何でこのタイトルにしたかというと
今日はこれについて書きたかったから。

モンティ・パイソンの故チャップマン役、選考会に奇抜な参加者が集結 from YahooNews

なぜか「グラハム・チャップマン」になってますが
「グレアム・チャップマン(Graham Chapman)」です。
そのままローマ字読みしないでほしい。。。

どういう契機で見始めたのかは全く覚えてないのですが
本山(in名古屋)に
「空飛ぶモンティ・パイソン(Monty Python's Flying Circus)」のビデオを
全巻揃えているレンタル・ビデオ屋があって
今まで観たことのないシュールでブラックなコメディに
大いにハマっていた頃がありました。
あのレンタルビデオ屋、今はもう無くなってしまったのですが
閉店になる時にあのモンティ・パイソンのビデオたちは
一体どうなったのでしょう?
譲って欲しかった(笑)。

この「Gin and Tonic」という映画、
是非日本でも上映してほしいです。
日本でやったら絶対観に行きます!

モンティ・パイソンの人たちは
みんなオックスフォードだとかケンブリッジを出ているインテリ揃い。
イギリスでコメディやってる人は何だかインテリが多いですね。
(Mr.ビーンの人も確かオックスフォード出てるインテリだったような。)
グレアムもケンブリッジで医学を学んだ秀才だそうで。

ところでグレアムがゲイなのは有名な話なんですが
インテリというか一芸に秀でた人にゲイが多いのは何でなのでしょうね?

こないだも買ったばかりのQueenのDVDを観て
(注:別にキムタクのプライドブームに乗ったわけではありません。
   第一あのドラマ観てなかったし、Queenは元から好きだったんです~)
フレディの迫力あるボーカルを聴きながら
「そういえばフレディはバイ(bisexual)だったんだよね。
 フレディ~~何で死んじゃったのぉ~!」
と叫んでみたりしてたんですが。

あとファッション業界にもゲイが多いのは有名な話ですよね。

ゲイの人は実は自己愛が強いのだ、という話をどこかで読んだ覚えがあります。
自分のこと(=自分の才能か?)しか愛せないから
生物学的に自分に近いものしか愛せないのだ、と。
うーん、分かるような分からないような。。。

何やらまとまらない文になってしまいましたが、、、(汗)
ともあれ、グレアムの自伝映画楽しみにしてます。

追記:因みに、私はモンティ・パイソンのスケッチの中では
「スペイン宗教裁判」が一番好きです。
ネット用語の「スパム・メール」というのは
語源がモンティ・パイソンだというのは本当なんですかね???

| | コメント (2) | トラックバック (0)

seasonⅡ始めました

本日のタイトルは「かき氷始めました」のノリで。

seasonⅡとは「24-twenty four-」のseasonⅡです。
ちょっと前からレンタルビデオで既に出回ってたんですが
5月末まで新作扱いだったから、ちょっと高かったし(苦笑)。
6月に入ったから旧作扱いになったので
やっと借りました。
5本ほど残っていたので結構余裕で借りられました。
みんなもう新作扱いの時に見てしまったってこと?
来週からもすんなり週イチ1本ペースで
借りられるといいんですが。
cover

seasonⅡは朝8時がスタートのようで。
seasonⅠは朝0時がスタートだったんですが
ドラマ展開的に不都合があったんですかね?
さっき借りてきたばっかりなので
まだ観てないんですが、楽しみです。

ここんところ観たドラマの中で
一番可哀想な男は
「24」のトニーと「冬ソナ」のサンヒョクだと思ってました。
トニーはねぇ、seasonⅠの最終回23:00~24:00のアレ、
どーですか?
(ここでseasonⅠを観た人はうなづいているハズ!)
ジャックのこと嫌いなのにかばってるところもあったり
テリーが殺されそうな時も間一髪で助けに来るし
トニーはエライ!
なのに最後、○○○が×××だったとは!
トニーは可哀想すぎる!
seasonⅡでのトニーの幸せ(?)を祈ってます。
ジャックの娘役の子もきれいになりましたね。
seasonⅠでも十分かわいい子でしたが
seasonⅡの写真とか見ると大人になった感じ。
とにかくseasonⅡ楽しみです!

「冬ソナ」のサンヒョクも
恋敵な男が死んだと思ったら
10年後にそっくりさんが現れて
好きな子を同じ顔の男に2度までも横取りされて
なんて可哀想な男、と思っていたら
地上波夕べ放送分(第9回)辺りから
嫉妬に狂ったとんでもない男になってきました。
「冬ソナ」は全20回のはずだから
来週がターニングポイントなんだけど
なかなか楽しい展開になってきました。
突っ込みどころも相変わらず満載だし。

ところで明日の晩(深夜)から
メーテレ(=名古屋TV。テレビ朝日系)で
ヨン様主演(?)の「ホテリアー」というドラマが
始まるんですが
これは買いなんでしょうか?
私は特にヨン様ファンでもないので
どうしようかと思ってるんですが
ここのところ韓国ドラマおもしろそうだし。
どうしましょ?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

完全休養な1日

今日は先生の都合でお茶のお稽古が休みになった。
なので今日は完全休養日に当てることにした。
思えばここのところ寝不足続きだったし。。。
完全休養日とは要するに「1日ダラダラしましょう」って
ことなんですが(苦笑)。

で、今日やったいろんなこと。

●江國香織の「ウエハースの椅子」読了
思い出した時だけお風呂に持ち込んで
ダラダラと読んでいたこの小説。
今日読了しました。
内容的には・・・うーん、可もなく不可もなく、って感じ。
ってことで
私の中の江國香織ランキング1位の
きらきらひかる」「落下する夕方」の地位は不動。

●アスターの種を蒔く
せっかくココログプラスにしたので
今日から「マイフォト」始めました。
サイドメニューの方からどうぞ。

2週間ほど前に腕時計の電池交換に
ウォッチマンに行った時
粗品としてもらったのがアスターの種。
元々私はこういった園芸モノが苦手で
(要するに結局枯らしてしまうことが多い。。。)
あまり手を出してこなかった分野なんですが。

去年会社の知り合いが
ミニトマトと大葉の苗を分けてくれて
もらったからには育てねば、と
モノグサな私にしては珍しく
毎晩せっせと水遣りをしていました。
(何で水遣りが朝じゃなくて夜なのか、ってですか?
 朝そんな時間あるわけないじゃないですか。。。)

大葉は大活躍しました。
しかも育つのが早い!
収穫してもすぐ次の葉っぱが出てくる!
毎晩のようにそうめんの具に使ってました(笑)。
が、いつの間にか虫にやられてしまい。。。
まぁ十分収穫した後だったんで
まだ良かったんですが。

ミニトマトの方は私の育て方が悪かったのか
結局たったの1個しか収穫できませんでした。
ミニトマトの苗2本もらったのに
そこからたったの1個ですよ!
余計な芽をつんだり、花が咲けば受粉させたり
がんばったのに~

で、その時の土が残ってたので
この土でも大丈夫かなーと一抹の不安をいだきつつも
さっそくパラパラと蒔いてみました。
咲くのにどれくらいかかるのかなー?
「マイフォト」の方は
プランターに変化が現れた時のみUPします。
・・・発芽しなかった時は
「マイフォト」の「アスター観察日記」は自動的に消滅します(笑)。

●ジョン・グリシャムの「依頼人」を読み始める
ウチのマンションの1階に
私と同い年くらいのご夫婦2人だけでやっている
感じのいいエステサロンがあって。
旦那さんの方がアロマオイルとフットマッサージ担当、
奥さんの方がフェイシャル担当って感じ。
何せ同じ建物の1階なので行きやすくて
月イチくらいで行くのですが
ここのご主人の方とたまに本の貸し借りをします。

この「依頼人」は2ヶ月くらい前に借りて
そろそろ返さなきゃ、と思って読み始めました。
結構分厚いし、2段組なのでそうとうな文章量なんですが。
これは確か映画になったのを観てるんですよ。
いい映画でした。
映画の細かいところはもう忘れてしまってるので(苦笑)
新鮮な気持ちで読んでます。
さて読了はいつ?

と、こんな感じで久しぶりにノンビリと過ごせた1日でした。

さっきからどこかで花火を打ち上げてる音が聞こえるんですが。
まだ夏でもないのにお祭り?
と思ったら
今日熱田神宮のお祭りなんだそうで。
あ、花火の音がやんだ。
そっか21時だからもう終わりなんですね。
もうすぐ夏なんですね~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「ゴッホ、ミレーとバルビゾンの画家たち」

金曜夜の美術館は空いてて結構穴場。
・・・と書こうと思ったら今日は混んでました!
会期終了まであと1週間だったからかもしれません。
名古屋市美術館で開催中の「ゴッホ、ミレーとバルビゾンの画家たち」に行ってきました。

いつもは5時に閉まる美術館も金曜夜は8時までやってます。
あんまり知られてない事実なのか
金曜夜は比較的空いてるので
人気がある展示の時は金曜夜に行くようにしてるんですが
今日は例外でした(泣)。

全然知らなかったんですが
ゴッホはミレーを熱烈に崇拝していたんだそうで
ミレーの絵をゴッホ風に描くとこうなる、みたいな絵が
何点か展示してありました。

ミレーというと「落穂拾い」って感じなんですが
その辺の有名な絵は今回は来てませんでした。
「落穂拾い」は昔ジグソーパズルで作ったことがあるので
結構親しみのある絵なんですが(笑)。
完成したジグソーパズルは
今でも実家の階段のところに飾ってあります、ハイ。
その後オルセー美術館で本物を見た時は
結構感動しました。
やっぱジグソーとは違う!と(<当たり前だ)。
思ったよりも小さな絵でしたが。
何かこう静謐なオーラみたいなものがありました。

今回の展示物の中では
ミレーの「鵞鳥番の少女」という絵が一番気に入りました。
鵞鳥の群れを散歩(?)させてて
途中にあった池で遊ばせてる、って感じの風景なんですが
たくさんの鵞鳥の動きとか、足元の池の波打ち方とかが
すごく生き生きしてるんですよ。
「鵞鳥番の少女」も何作かモチーフがあるようなんですが
私が今日観たのはこれ→「鵞鳥番の少女」byミレー

この「鵞鳥番の少女」もそうなんですが
今回のミレーの展示物は「個人蔵」となってるものが結構多くて。
一体どんなお金持ちなんでしょう?うらやましい。
・・・と今Googleでいろいろ検索してみたら
この絵何と筒井康隆のものらしい?!
まぁ彼くらいの小説家なら、有名な絵の1枚や2枚持ってても不思議ではないですが。
でもだったら「個人蔵」なんて書かずに
「筒井康隆氏所蔵」とでも書けばいいのに。

美術館に行く時に必ず思い出してしまうエピソードがあるんですが。
大学生の頃アメリカ・コロラド州のデンバーというところで
1ヶ月程ホームステイしていたことがあります。
そのホームステイ期間中にデンバー美術館に連れて行ってもらったことがあって。
「今日は美術館に行きましょう」ってな感じで言われて
普段着ていたセーター(冬だったので)&ジーンズって感じで行こうとしたら
ホストマザーに諭すように言われました。
「美術館に行く時はジーンズはダメよ。スカートをはいてらっしゃい。」と。
美術館に行く時にドレスコードなんてあったかしら?と思いながら
部屋に着替えに戻った覚えがあります。

それ以来美術館に行く時は
何となく「あ、スカートで行かなきゃ」みたいな感じで思い出します(笑)。
が、今日は仕事帰りに突然思いついたので
ジーンズではなかったのですが
結構カジュアルなパンツで行ってしまいました。。。
(ウチの会社は客先に行ったりする時以外は、結構自由な服装でOKなんです。)
パット(ホストマザーの名前。確か正式にはパトリシア?)の教えは
遠くになりにけり、って感じで。

デンバー美術館では確かその時
ロートレックの特別展示をやってたんです。
で、その時の「ロートレック」って発音が全然聞き取れなくて。
元々フランス語の名前なので
英語で発音するとちょっと変わった名前に聞こえるんですよ。
だから「ロートレックの展示をやってるから」ってのが
全然分からなくて。
現地に着いて「ああ、ロートレックって言ってたのか!」と
初めて分かった次第。
いや~英語ってむずかしいですね(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

月にまつわるエトセトラ

今夜はとっても月がきれいですね!
満月かな?満月らしいです。
なので今日は月ネタで映画、音楽、小説、といこうと思ったんだけど
どうしても小説が思いつかない!
なので映画と音楽だけ。。。

月にまつわる映画は「月の輝く夜に」。
ノーマン・ジュイスン監督、シェール、ニコラス・ケイジ主演。
cover
観たのはずいぶん前なんだけど、いい映画だったという印象。
ニコラス・ケイジが若くて一途なイタリア男を好演しててよし、って感じ。

月にまつわる音楽はニーナ・シモンの「Everyone's Gone To The Moon」。
アルバム"Nina Simone and Piano!"に収録。
cover
このアルバムは基本的に名曲ぞろいだと私は思ってて
選んだ曲以外もすばらしい!
この曲は・・・訳詞がないです。。。
しょうがない、自分でちょっと訳します(笑)。
出だしだけね。

通りは人であふれかえってるのに
みんなひとりぼっち
道沿いには家があふれかえってるのに
帰る家がない
教会は歌であふれかえってるのに
調子っぱずれ
みんな月へ行ってしまった

って感じの歌詞です。
ニーナのちょっと丸い感じの声も
情熱的なピアノもいい感じです。

で小説なんですが。。。
「月」って月と六ペンス(サマセット・モーム)」しか思いつかなくてーーー
この小説あんまり好きじゃなかったんですー
これってゴーギャンがモデルの小説として有名なんですが
このゴーギャンがあまりに身勝手な男で
私は嫌~な気分で読んだ覚えが。
大学生の頃読んだからそう思ったのかな?
今読んだらまた感想が違うかも。
でもあんまり再読する気なし。

5/29に書いたblogにちょっと出てきた北杜夫のエッセイに
「月と10セント」ってのがあって
モームの小説のパロディでも何でもなくて
北杜夫氏のアポロ計画取材旅行記なんですが
結構おもしろかった覚えあり。
何でリンクが張ってないかというと絶版なんだそうで。
文庫が岐阜の実家にありますが、、、まだ捨てられてないハズ、たぶん。

もう1つ「月」ネタを。
昨年の11月、会社でヒューマンスキル系の研修を受けさせられたんだけど
それで「月で生き残るには?」っていうグループ・ワークがあって。
宇宙船の中には20個だかのものしかなくて
月で生き残るのに必要なものに優先順位をつけていくんです。
酸素ボンベ、水、宇宙食、なんておなじみのものから
ピストル、マッチ、ロープ、なんてものまでいろいろ。
でグループで話し合って生き残る為に必要なものの優先順位を決め
どのグループが生存確率が高いか、というものです。
実際にNASAで行われたものなんだそうですが
どのグループがより良い話し合いができたか、を計るものなんだそうで。
このグループ・ワークは結構楽しかったです。

以上、「月」ネタでした。

月を見過ぎて気を狂わせないように。。。
lunaticなんて言葉がありますから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クセはないと思ったんだけど

昨日はサッカーネタだったので
トラックバックネタが一日遅れました。

今週のお題は「やめられないクセ大公開
が、昨日これを見て悩んだ。
うーん、私にはクセなんてないなー、と。

トラックバックネタはなるべく書こうと思ってて
だけど先週のネタは書くことがなくてパス。
わたしを変えた恩師の一言」なんて、そんなのありません。。。
今週もパスか、と思ったら
今日ジムで私のクセを発見しました!!!
(うれしいのか?>自分)

ジムに行くと毎回何度か必ずやってしまうクセなんですが
ジムのロッカーからスタジオに行く時は
腕時計とかは外すんですが。
でロッカーの鍵が腕時計のバンド式のものになっているので
これを左手首につける。
そういう状態なのに
時間を見ようとして
何度も左腕を見てしまうんです。
そこには時計はなく、ロッカー番号が書いてあるだけで
毎回「あっ・・・」と思うんですが
懲りずに何回もやってしまいます。

そんなにいつもいつも時間を気にしているつもりはないんですが
ジム行った時は特に
ストレッチやってエアロビのクラスに間に合うか???なんて思いながら
スタジオへの階段を上がって行くので
つい見ちゃうんですね。
いいかげんにこの状態に慣れようよ、といつも思います。

というわけで今週のトラックバック野郎ネタでした。

---------------------------
今日は水曜だったんでジムの日。

19:00からのShapeAeroのクラスに出たんですが
このクラス、先週からクールダウンの時の音楽が
冬ソナのサントラなんです。。。
インストラクターさんが好きなんでしょうねー
別にいいんですが
田中美里のユジンの吹替の声が聞こえてきそうで
何となく落ち着きません。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝4時起きする価値あり?

6月に入ってちょっとレイアウトを変えてみました♪
・・・と言っても今まで左サイドメニューだけだったのを
両サイドメニューにしただけなんですが。

U23日本代表vsマリは1対1の同点で終わりましたねー
後半の途中からしか見てなかったんで
いいゲームだったのかどうか
イマイチ?なんですが。

私はサッカーは代表戦だけは見る、というエセファンで。
友人のサッカーファンMちんに言わせると
代表戦しか見ない人はサッカーファンを名乗ってはいけないそうで(汗)。
(内緒にしていたのに
 最近このblogのアドレスがMちんにバレてしまった。。。
 Mちん見てるぅ~?(笑))

先週の対トルコ戦は見てないので
何とも言えないのですが
ここ最近の代表のゲームは
A代表のよりもU23の方がおもしろい気がします。
あー言っておきますが、私はサッカーに関してはド素人です。
もし私が書いていることを読んで気を悪くした方がいたとしても
素人の言っていることとして聞き流して下さいね(笑)。

で、問題なのは明日早朝4時に起きてA代表対イングランド戦を
見るべきかどうか、ということ。
ちょっと前まではA代表のゲームだと親善試合とかでも
朝3時だろうが4時だろうが
がんばって起きて見てたんですけどね。
ここ最近のA代表のゲームを思うと
果たして4時起きする価値はあるのか、と。

今回はヒデも出ないし。
・・・別にヒデファンではないんですが(笑)。
やっぱヒデが出るのと出ないのとでは
チームの雰囲気も違うし。
ベッカム様は出ますが
ベッカム様ファンでもないので。。。
いや、正直言うと昔はファンでした(恥)。
昔ってのは98年フランスW杯の頃で
ベッカム様が世界中から愚か者呼ばわりされてた頃です、ハイ。
今はあまりにも猫も杓子もベッカム様なので(最近はヨン様に押され気味?)
ファンじゃなくなりました。
やっぱりハンサムは3日で飽きるし(何のことやら)。

というわけで4時起きどうしましょう~?
サッカー好きのみなさんはやっぱ4時起きするんでしょうか?
・・・私は5時に起きて後半だけ見ようかなー?(苦笑)
とりあえず5時起きに備えて今夜は早めに寝ます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2004年5月 | トップページ | 2004年7月 »