コーヒーを楽しく飲む為のマグ

近所の焙煎コーヒー屋さんで挽いてもらった豆を

1日2杯飲みながら仕事をしている。

3杯飲むとお腹を壊すので

コーヒーは1日2杯だ。

 

で、仕事中は

サーモマグで飲んでいる。

暖かいコーヒーは温かいまま飲みたいし

夏のアイスコーヒーも冷たさをキープできることは

昨夏のテレワークの時期に確認済みだ。

 

でもお休みの日は気分を変えたい。

それで新しいマグカップを買った。

休日の朝、炊事や洗濯を終えて

ほっと一息のコーヒータイムに

ぴったりのマグカップだ。

Img_3189

私は「ひつじのショーン」が大好きで。

初めてこのクレイアニメを見た時には衝撃が走った。

「・・・クレイアニメでこんな動きまで表現できるの???」

ひつじのショーンは

イギリスのアードマン・アニメーションズが制作しているのだが

これ、台詞が一切ない。

それでいてものすごく笑えるし、たまに泣けることもある。

英語が国際語なんて言われて久しいが

本当にすぐれた表現には言葉なんかいらないんだ、ということを

私はショーンから学んだ。

 

で、話しが長くなったが

ショーンのカップとお皿を買った。

何種類かあるみたいで

全部揃えたかったが

さすがにいい大人がそれやると

ちょっと幼稚なテーブルになってしまうので

1個ずつのみで抑える。

これが節度(?)ある大人の外し方なのだ。

 


| | コメント (0)

部屋のモードを照明で切り替える

先日のブログ

ダイニングの天井灯が故障したことを書いたけど

結局、電球が切れていたわけではなく

(まぁ電球もそろそろ寿命だったとは思うが)

機器そのものが故障していたことが分かった。

それでオーナーさん費用負担で

私が好きな照明を買っていいことになった。

「好きな照明」とはいっても

費用はオーナーさん持ちなので

「できればリーズナブルなものを」と

言われはしたが。

 

で、アイリスオーヤマの

明るさと色が調節可能なヤツを買わせてもらった。

大手メーカーのものに比べたら全然安い。


 

 

取り付けも簡単だった。

・・・まぁ私は割とこの手の作業が得意なので

機械音痴の人にとっても

簡単かどうかは分からないが。

 

天井灯が故障したのはダイニングだが

せっかく調光可能な照明なので

ベッドルーム兼書斎の照明と入れ替えることにした。

何せ今や一日のほとんどの時間を過ごす

ベッドルーム兼書斎。

仕事中は昼光色、仕事終わったら電球色に切り替える。

照明の色が違うだけで

全然雰囲気違う。

電球色だと落ち着いた癒し空間になる。

良い買い物をしました。

Candlelight

| | コメント (0)

備えあれば

前から気になってたんですが

とうとう買いました。

地震対策30点避難セット。

Img_3188

簡易食料や水分はそれなりに備蓄してたんだけど

何かあった時に

これだけじゃサバイバルは難しいかも、と思っていて

これ何度か雑誌とかで見たことあって

シンプルな見た目でおしゃれだし

部屋の隅に置いておいても邪魔にならないな、と思い

購入しました。

 

今となっては1日のほとんどを過ごす

ベッドルーム兼書斎の

書斎机の横を定位置にしました。

すぐ手に届く場所にあります。

 

しかしコンパクトにまとまっています。

本当にこの中に30点も入ってるの?みたいな。

今度のお休みにでも

中身をしっかり確認しておきたいと思います。

 


 

 

| | コメント (0)

«今週のお花